戻る


846 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/20 05:49 ID:8MOvtUAr
 罪を犯したなら、償いをしなくてはならない。それは当然で、当たり前で。
 けれど、その償いが罪と等価になって、贖罪がなされるのはいつなのだろう
か。決めるのは誰なのか。法か、神か、被害者か、加害者の良心か。法の範疇
でなく、神は不在で、被害者の許しも得られず、良心が痛んだままであれば、
償いは永遠に続くのだろうか。
 シンジは白い扉の前に立って、逡巡を繰り返していた。意を決してノックし
ようと上げた手も、途中で止まってしまう。
「はぁ……うぅ」
 真綿で首を絞められるような息苦しさに喘ぐ。胃がきりきりと痛んだ。部屋
の中に入りたくないと、体が訴えている。
 逃げたい。逃げ出してしまいたい。
(けど、駄目だよ……逃げちゃ駄目だ)
 シンジは、唇を強く噛みしめた。
 震える手で、ゆっくりと二回扉を叩く。
「どうぞ」
 すぐに少女の声で、応答がある。
 シンジは無理矢理に笑顔を作って、扉を開けた。
「こんにちは」
 白いカーテン、白い天井、白いシーツ。そこは病室だった。
「今日も来てくれたんやね」

847 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/20 05:50 ID:8MOvtUAr
 ベットの中で上半身を起こした少女が、出迎えてくれる。大きめで黒目がち
な瞳、小さいがよく動く口、鼻筋はやや低め。総じて快活そうに見える。だか
らこそ、頭部に巻かれた包帯が余計に痛々しく映った。
「……具合どう?」
 ベッドに近づきながら聞く。
「うん。ええ感じに治っとるって。うち、生命力強いんやろな。先生も驚いとっ
たわ」
「そっか。良かった」
 心底そう思う。早く退院できるまでに回復して欲しい。トウジも喜ぶだろうし。
「シンジさんが、こうして見舞いに来てくれとるからかも」
 少女に見つめられて、シンジは顔を逸らした。
「そ、そう……? そうだ。ケーキ買ってきたんだ。食べる?」
 お土産に持ってきた包みを開こうとするが、
「おおきに、嬉しいわ。けど、今はええわ。それより、何か忘れてへん?」
 断られてしまう。言葉はやんわりとしているが、その瞳が一瞬鋭くなる。シ
ンジは、心臓を小さく跳ねさせた。
「え……うん……」
 シンジが少女の傍らに立つと、彼女は瞳を閉じた。
 少女を見下ろして息を飲む。数秒躊躇って、シンジは顔を降下させた。

864 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/21 00:47 ID:CHOcZPSA
 唇と唇が重なる。
 ここは病院の病室で、口づけをしている相手はまだあどけない少女で、さら
には親友の妹だ。次々に嫌悪感が襲ってくる。心が壊れてしまいそうに強く。
(しかたないよ……この子が、そう望んでるんだから……)
 これは償いだから、苦しくても耐えなくてはいけない。そう自分を誤魔化す。
 そもそも最初にここを訪れた時、彼女の「キスして」という言葉に、どうし
て素直に従ってしまったのか。「冗談だよね」笑ってそう言えば、それですん
だ話しだろうに。後悔している。でももう、どうにもならない。
 少女が瞳を開けて、催促をする。
 シンジは舌を、少女の口中へと差し入れた。少女の舌が絡みついてくる。暖
かく、柔らかく、濡れている。
 唾液が舌を伝って、少女の口の中へ流れて行く。
 少女の瞳がもういいと合図するまで、シンジは――なるべく何も考えないよ
うにしながら――舌を動かし続けた。
「へへ、だんだん巧くなってきとるね。誰か他の人と練習でもしとるん?」
「そ、そんなこと…してないよ……」
 唾液を拭いながら聞いてくる少女に、シンジは目を伏せて答えた。顔を直視
できない。自分は、年下のこの少女に明らかに気圧されている。
「ふ〜ん、そうなんや。なら、次はいつものして見せてや。ここに居ると退屈
でしかたないねん」
 少女は笑顔――年相応の無邪気な笑顔をして言う。しかし、これからいつもの
をしなくてはいけないシンジには、残酷な笑みに見えた。

866 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/21 01:22 ID:CHOcZPSA
 腹の底から深い溜め息が吐き出されて、体が固まってしまう。拒否はできな
い。けれど、実行するのも躊躇われた。
「なに、ぼぉっとしとるん? はよしてや。それとも、もううちの言うことは
聞いてくれへんの?」
 少女の声が大きくなる。
 シンジは、すぐにベルトに手を掛けた。少女を怒らせたくない。
「す、するよ。だから、待って」
 ベルトを外して、ズボンとパンツを下ろす。露わになった下半身は、なるべ
く見ないようにしたが、
「あれ〜、なんでもう大きくなっとるん? キスだけで感じてしまったん? 
それとも、見られること期待してたん?」
 性器が半ば勃起してしまっていることは、感覚で分かっていた。
 シンジは何も反論できずに、見せ物になるためにペニスを握った。
「気持ちよくなって見せてや。けど、勝手にいったらあかんよ」
 シンジは、陰茎を手で擦り自慰を始めた。目を閉じて、想像の中ですること
ができれば楽なのだろうが、少女はそれを許してくれなかった。
 自慰の最中は、ずっと少女の姿を見ていなくてはいけない。少女は必死にペ
ニスをしごきたてるシンジの前で、寝間着とシャツを脱いだ。まだブラジャー
も必要としない、ほとんど平らな胸が姿を現す。
 無垢なものを汚す、嫌悪感と罪悪感が胸を締め付ける。と、同時に、言いよ
うのない興奮も沸き上がっていた。
「気持ちええ?」
「うぅ、うん、気持ち、いいよぉ。はぁっ」
 絶頂が近づいて、シンジの嬌声は高くなった。
 後、二、三度擦れば射精できるという所で、
「ストップ」
 少女が、冷酷に命令を下す。
「えぇ、うぅ、そんな……」
 シンジは目前でお預けをされた切なさに呻いたが、手は命令通りぴたりと止
まっていた。

870 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/21 15:49 ID:hXlLlI+J
 ペニスが萎え始めると、また擦ることを強要される。
 そして、また絶妙のタイミングで止められる。
 それらが繰り返されること、三度。
「あぁ…あぁぁ……」
 思い切りペニスをしごいて、射精したい。このままでは狂ってしまう。けれ
ど、逆らえない。この幼い少女に逆らうことができない。
 きっと自分には弱さがあって、彼女に強さがあったから、こんなことになっ
てしまっていると、そうシンジは思う。
「あは、切ないそうな顔やね。もう少しやったのにね」
 少女は、愉快そうに笑った。声や表情から射精の感覚まで把握されてしまっ
ている。
「いきたいん?」
「う、うん……」
 甘く囁く少女に、シンジは何度も首を縦に振った。
「どないしたら、いけるん? うち、子供やから分からへんわ」
 少女は、とぼけた調子で言う。シンジは少女の意図を悟って、淫語を使い懇
願した。
「……お、おちんちんを思い切りしごかせて下さい……汚い精液を出させて下
さい……」
「あははっ、そんなにおちんちん触りたいん? ふふ、うちみたいな子供にお
願いして、恥ずかしくないん、ねえ?」
 心底楽しそうに、少女は笑った。屈辱だった。恥ずかしかった。けれど、そ
れ以上に射精がしたい。
 そのためにシンジは嘲りに耐え、許可を待ったが、
「あかんよ」

879 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/22 05:53 ID:jQroZ0hB
 少女は冷酷に、シンジに宣告した。
「そ、そんな……」
 あまりのことに言葉が続かない。シンジは、ただ目で少女にすがった。
「そうやね。このままちゅうのも可哀想そうやし。ピンク色した先っちょだけ
やったら、触ってもええよ」
 亀頭部は剥けたばかりで、自分でもまだほとんど触ったことがない。指でそっ
と触ってみるが、刺激が強過ぎて痛いとしか感じられなかった。
「こう、手の平を濡らしてから、撫で回すとええよ」
 手の平を舐める仕草をして、少女が言う。
 シンジは、言われた通りに手の平を舌で舐めて濡らし、亀頭に押し付けて回
転させた。濡らしたお陰で、摩擦での痛みは感じない。陰茎を擦って得られる
快感とは別の――より、鋭敏な快楽が脳を刺激する。
「あっ、ああぁっ」
「もっと強く、早く!」
 回転のスピードを上げ、強く押し付ける。気が付くと鈴口からは、先走りの
汁が止めどなく溢れている。自分でも目を疑う量だ。それがまた潤滑油となっ
て、快感を加速させる。
「あぁっ、すごい…気持ちいいよぉ……」
 今までの陰茎を擦るだけの自慰よりも、遙かに気持ちいい――気持ちいいの
だが、いくら亀頭を撫で回しても、快楽が募るばかりでいくことができない。
慣れていないせいだろうか。シンジは半ば無意識に、もう片方の手で陰茎を擦っ
てしまっていた。瞬間――
「あぁぁぁぁっ!」
 シンジは絶叫した。
 尿道口に、綿棒が突き入れられている。
「なに勝手しとるん? 触ってええのは、先っちょだけやゆうたやんか」
 少女は言葉と共に、綿棒をさらに奧へと押し込んでくる。
「あ、あ……あぁ……」
 痛みで声が出せない。
「なあ、なんでうちはこんな退屈な部屋におらんといかんの? 学校へも行け
へん。家にも帰れへん。いったい、誰のせいやったかな!?」

880 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/22 05:54 ID:jQroZ0hB
 少女の激昂した表情と、言葉が胸を締め付ける。恐らく、これが少女の本心
だろうから。綿棒は、もう半分以上が隠れてしまっている。
「ぼ、僕のせい……ごめん……ごめんなさい……」
 涙が滲んでしまう。痛い。こんな痛みは生まれて初めてだ。
「せやろ? なんでも言うこと聞いて、うちの退屈紛らわしてくれる言うから、
堪忍してるんやで。忘れてへんやろ?」
 確かに最初の見舞いの時に、シンジはそう言った。けれどそれは、話し相手
になるとか、遅れてしまっている勉強を教えてあげるとか、そういった意味だ
ったはずだ。少なくとも、少女の目の前で自慰をするつもりなんてなかった。
「う、うん……」
「じゃあ、そのままオナニーの続きしてや」
「えぇっ……そんな…無理だよ……」
 綿棒を刺したままでなんて、痛くてとても感じることなんてできない。
「おちんちんしごきたかったんやろ? いきたいんやろ? なにわがまま言う
とんねん」
 少女が、綿棒の先を指で弾く。激痛が走った。
「あうぅっ……お願い、許して……他のことだったら、なんでもするから……」
「根性あらへんなぁ。まあええわ、痛がって泣いてるとこ見てもおもろないし」
 赦免の気配を感じて、シンジはほっと胸を撫で下ろした。しかし、すぐに少
女が甘くないことを思い知らされる。
「でも、取るのに手は使ったらいかんよ」
「で、でも、それじゃどうやって……」
 手を使わずにとる方法なんて、シンジには思いつかない。
「腰でも振ったら、取れるんとちゃう」
 少女の口から出たのは、あまりにふざけた答えだった。馬鹿にするにもほど
がある。けれど、
(しかたない……しかたないんだ。怪我をさせたのは、僕なんだから……)
 どんな滑稽なことでも、罪を許してもらうためにはするしかない。
 シンジは、腰を思い切り前に突き出した。ペニスが上下に跳ねる。綿棒が中
で擦れて痛い。
「あはは、ほんとにやっとるわ。阿保ちゃうか?」

881 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/05/22 05:55 ID:jQroZ0hB
 侮蔑の言葉が少女から投げ掛けられる。恥辱、羞恥――そんな言葉では表せ
ない。人格が崩壊してしまいそうなほどの辱めだ。
 綿棒は狭い尿道にはまってしまい、なかなか出てこない。
「ほら、もっときばりいや」
 さらに強く腰を振ることで、どうにか徐々に綿棒が外へ出ていく。
「おもろい、踊りやなぁ。ほら、もう少しで取れそうやで」
 後もう少しというところで、膨らんだ綿の部分が引っかかってしまう。
 シンジは、一度振り上げたペニスを思い切り振り下ろして、ようやく綿棒を
外した。
「ふふ、笑わせてもろたわ。もう好きなようにしてええで」
「あ、ありがと……」
 許可を得て、シンジは自慰を再開した。亀頭と陰茎を同時に刺激する。
「あぁ、あぅぅ、うぅっ」
 何度も寸前で止められていたために、すぐに絶頂が訪れる。
「いくぅ、いっちゃうよぉ!」
「ええで、思いっきりいきや」
「あぁぁっ! あぁぁぁぁぁっ!」
 シンジは、病室の床に精液を撒き散らした。
「あらら、ずいぶん溜め込んでたみたいやね。臭うと嫌やから、はようきれい
にしてや」
 シンジは、言われるままに四つんばいになって床に落ちた精液を舐め取った。
興奮と恥辱で、もう正常な思考ができない。言われたことには従う。それが一
番簡単だった。
 床の掃除を終え、帰るために衣服を整える。
「また来てや。他に来てくれるん、お兄くらいしかおらへんし」
 笑顔で、少女が言う。今日も、許しは得られなかった。
「うん……じゃあ、またね」
 背を向けて出口に向かう。と、後ろから声を掛けられる。
「あ、そうや。お兄と先生が話しとるの聞いてしもうたんやけど、うちの傷な、
痕が残ってしまうんやて」
 振り返った、表情が凍る。この贖罪が永遠に続くことを、シンジは悟った。


次へ進む